(株)かねはら浜北スイミングプラザ > クラス案内


    水中活動倶楽部とは?
 
幼児期のスイミングは、学童期のようにバタ足等の技術習得を中心としたプログラムを行なうことはあまり望ましいとは言えません。幼児期のスイミングは、愉しい身体活動の場として原体験を育み運動の質を高めながら、いろいろな興味(可能性)を発展させていくことが重要ではないでしょうか。

幼児期の筋肉トレーニングやエアロビクス運動を最大限にやる意味はありません。人間の筋力や心肺機能が最大に発達するのは15歳すぎであり、それ以前に大人と同様の運動をしてもあまり効果は得られないからです。
筋肉トレーニングより遊びの質を高め、認知能力(知覚・認識・判断・そして手足を自由に動かす力)をバランスよく育んでいくことが重要です。

水の中では浮力・水の抵抗・水圧・水温などの特性により、地上に比べ多くの運動効果があるのは皆様がご存じの通りです。その上ジャンプしたり、浮いたり、潜ったり、3次元の動きが簡単にできます。またロープやボール遊びなどと組み合わせることにより、さらにいろいろな運動効果が広がっていきます。そして、これは安全!こうやればもっと遠くへ飛べるんだ!ということなどを、子ども達が経験することにより自然と認知能力を高めていくのです。

また興味が高まる幼児期に、水を嫌いにすると大人になるまで泳げないとか、海やプールが大嫌いなんてなりかねません。逆に水が好きになり興味を持てば泳ぎを覚えることは簡単です。最もバランスのとれた運動といわれる水中運動に、水慣れ→ばた足→クロールなどのプログラムだけをやらせるなんて、とんでもないことなのです。興味を持ち、やりたいことを思いっきりヘトヘトになるまで全身運動していくことが大切なのです。

水中活動倶楽部では
泳法より「心と身体を育む」という視点でプログラムを行なっております。
その中で大切にしていることが「共同子育て」です。「スタッフ」と「保護者」が共に「子ども」の「子育ち」を支え、共に「子育て」を考えていきます。


    スイミングで育む子どものこころ

乳幼児期の子どもたちにとって、スイミングにどのような意義があり、どのような可能性があり、どのような環境づくり・応援をしていけばいいのでしょうか。
日本のスイミングクラブに、二十年前から本物志向の理念や展開方法への変革を示唆してきた立場から、お話ししたいと思います。

    幼児期のスイミングは、愉しい身体活動の場

まず、スイミングに対しての考え方からお話しします。
大切なことは、母親の胎内にいる時から、すでにひとつの泳ぎをしていた赤ちゃんの水とのふれあいは、人間本来の水との原体験の始まりという視点です。
原体験とは、人間が成長をしながら思想を形成していく過程で、大きな影響を及ぼす幼少時の体験のことです。そして、この世に誕生した赤ちゃんと水との原体験は、本来愉しく人間の興味をひく本能・行為であるのです。
人間と水とのふれあいは、こうした原体験から始まっています。
幼児期のスイミングは、そうした本能的原体験の延長線に孝えればいいのです。
大切なのは、子どもの本来持っている水への興味・本能的水の中での身体活動、そして子ども同士の仲間といった視点です。そうした視点で創られる環境の中でこそ、子どもは自ら愉しさの中で自己実現をしていきます。
何かを強制されたり、一方的に教えられたりすれば、本来幼児期の持つ可能性の芽を摘んでしまいます。幼児期のスイミングは、一人ひとり子どもたちの内面的な興味や欲求を大切にした、愉しい身体活動の場であるべきです。そうすれば、子どもの興味・感性・意欲・具体的運動の質的変化・発達などの可能性は、どんどん広がって行くでしょう。

    進級テストはいらない
 
子どもたちにとって、自然との原体験の場が少なくなってきています。
そして、子供同士の仲間遊びができなくなってきた環境や場を考えますと、幼児期のスイミングの今日的価値や可能性は無限なものになります。
ただ気をつけたいのは、そうした子どもの生活背景や子どもの成長を考えないで、二十年、三十年前のオリンピック選手養成指向の四泳法中心とした水泳指導塾におさまっているところが、まだまだ多くあるのも現実です。
例えば、幼児期のクラスには、学童期と同じ進級制度や進級テストは不要で、これが、親のスイミングへの応援の仕方を惑わせてしまうことを知っておいていただきたいと思います。

私は、そうしたスイミングクラブが少なくなって欲しいことを願い、日本中のスイミングクラブの変革を示唆し、指導を続けています。
幼児期のスイミングは、母親の胎内から始まっていることと、本人の興味から始まると楽しい、仲間との身体活動の場として、支援・応援してあげていただきたいということです。さらに幼児期の子に、学童期の子と同じ、古き四泳法指導塾的展開から脱皮できているクラブか教室かを、よく選んで入会されることをおすすめします。
そのために親自身も、スイミングに一方的に行かせる・泳ぎを憶えさせる…といった考えは、取り除くことです。
子どもにとって幼児期のスイミングは、強制されたり、指導されたりすることよりも、本人自ら興味ある動きを、仲間と愉しくすれば、結果として「泳ぎ」も、より興味を持ってマスターしていくことにつながっていくのです。
最も大切なのは、子どもの心を育む場として、スイミングを今日的原体験の一つの場として考え、環境作りをしてあげることです。

別冊PHP 97年2月増刊号
特集EQを高める上手な育て方 子どもの心を豊かに育てる 運動より



    コース案内


水中活動倶楽部浜北スイミングプラザでは、会員の安全を考えてジュニア・チャイルドコースについては泳力レベル別にクラス分けをしておりますが、子ども達のたくさんある興味・個性の中で泳力という一つの基準でしか判断しておらず、クラス分け自体はお子様の精神的・肉体的発達とは何の関係もありません。
私たちは、「水を通して多くの体験と創造を行い、心と身体の健康を育む倶楽部」として、今後とも生涯スポーツを考えた新しい倶楽部創りを行っていきます。

 


    お電話でのお問い合わせ
 ☎053−587−2511
営業時間 木曜日休館
月〜水・金 10:00〜22:00
土曜日   10:00〜20:00
日曜日   10:30〜19:00
    メールでのお問い合わせ
  
 
    コース変更・休会・退会
翌月変更は毎月23日までに
SPJフロントにて、各種用紙にご記入頂くお手続きが必要となります。
※23日が休館日となる月は、前日が〆切となります。
お電話・メールでの受付は出来ません。



浜北スイミングプラザ
浜松市浜北区西美薗150


 かねはらトップページ

 会社概要

 アクセスマップ

 周辺マップ

 プライバシーポリシー

 リンク